• カテゴリー

  • 月別記事一覧

  • 2006年7月
    « 6月   8月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

  • 地元活動
    2006-07-24

    7月24日 『教育再生』シンポジウム開催 教育現場を変える運動を開始

    民主党教育再生本部は24日夕、都内で「民主党『教育再生』シンポジウム〜日本国教育基本法案で教育現場をこう変える〜」を開催。教育現場を再生させる国民的な運動の端緒としようという意気込みにあふれた議論が交わされました。
    シンポジウムの第一部はパネルディスカッションが行われました。鈴木寛参議院議員(事務総長代理)がコーディネーターを務め、西澤潤一氏(首都大学東京学長)、櫻井よしこ氏(ジャーナリスト)、陰山英男氏(立命館大学教授兼立命館小学校副校長)の各氏と西岡武夫参議院議員(教育再生本部本部長代理)がパネリストとして参加し、教育のあるべき姿などについて率直な意見が交換され、民主党の日本国教育基本法案の内容も紹介されました。
    第二部は、会場から集められた質問にパネリストが答えるかたちで進められました。西岡議員は「政府案と民主党案を突合せた修正案は可能か」との質問に対して「土台のところの認識が違っている。残念ながら(修正には)なりえない」と答えました。地方分権と義務教育の裁量に関する質問には「義務教育について地方がばらばらで良いということでは、断じてない。学校制度を含めて全国で統一する。これが国の責任だ」としました。

    教育格差については「やはり教育に思い切って予算をかける、政治の場で考える課題としてはこれ以外にない」と指摘しました。私立学校に対する助成と同時に、生涯の教育の経費をどれだけ公が負担するかを考慮したバウチャー制度の導入を、党として推進する方針を述べました。