• カテゴリー

  • 月別記事一覧

  • 2012年3月
    « 2月   4月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

  • 牧義夫からの一言
    2012-03-29

    2012年3月29日の一言

    「そもそも国政は国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する」(日本国憲法前文より)

    我々がまず、第一義とすべきは、「国民との約束」である。それが政治家に求められる最低限の「良心」である。

    「やる」といったことはやる。「やらない」といったことはやらない。

    「やらない」と約束した増税をどうしてもやるなら、少なくともまず、「やる」といったことをやってからではないか。

    「シロアリ退治なくして増税なし」なのである。