牧義夫の決意

本当の日本を取り戻す

一体いつの間に我が国は「国民を置き去りにする国」になってしまったのでしょうか?国会を開き、コロナ禍における国民生活の下支えや、医療提供体制の拡充に向けて、議論を尽くし、その対策を講じなければならないもっとも大事な時間を、党利党略のためだけの総裁選に費やした現政権党には、もはやこれ以上この国の舵取りを任すことはできません。

コロナ後の社会像を描く!

新型コロナの襲来によって、私たちが拠って立つ生活の基盤が意外にも脆いものだということに気付かされました。
これまでの過度な合理化で行き過ぎた『官から民へ。』を脱却し、立憲主義を取り戻し、格差を正し、多様性や個人の尊厳を大切にする政治、国民の生命、生活を第一に考える「国民のための国家」を目指し、これまで同様、1ミリもブレることなく、実現への歩みを進めて参ります。
「本当の日本を取り戻す」闘いはこれからです。
立ち止まってはいられません。

牧義夫の約束

国民の生活を取り戻す!

新しい社会保障・ベーシックインカム導入と地方創生

コロナ禍で急激に景気悪化が進んだことで、所得の格差と社会の分断更に著しくなり、ワーキングプアの人が増えました。
現状の生活保護制度で生まれる「貧困の罠」「不公正な再分配」などの問題点を解決する手段として、ベーシックインカム(一定の生活を送るのに必要な現金を無条件に全国民に支給する制度/基本所得保障)導入を検討します。
導入により一定の収入が確保され、貧困・少子化対策、労働環境の改善、多様な働き方を選べるなどメリットがある一方で、これまでの社会保障制度の財源や行政コストの削減などで財源の確保が必須であり議論を進めます。
また、全国一律に配布されることで地価・物価の安い地方で生活することを考える人が増え、特にテレワーク・リモートワークが推奨される時代になったことで、地方創生や活性化に繋がります。

高等教育無償化、給付型奨学金の拡充

所得の格差が教育の格差に、更には希望の格差に直結してしまえば、この国に未来はありません。すべての子供たちに教育の機会均等を保障することは、日本の将来を支える人材を育て、持続的な成長の基盤を強化することにつながり、国の責務です。

消費税減税

コロナ禍で消費税またはそれに類する附加価値税の減税を行うことは世界的に見て標準的な経済政策です。昨年、我が党の提言で一律10万円の定額給付が実施されましたが、消費税を一時的にも凍結することの方が更に効果があるものと考えます。
先ず景気対策として消費税5%へ減税し、中小零細企業に配慮を行った上での法人税率引き上げ、高所得層の所得税の累進性の強化、資産課税、金融所得課税等を財源として恒久的な消費減税を行う提言をします。

働き方改革

長時間労働の是正、柔軟な働き方ができる労働環境の整備、雇用形態に関わらない公正な処遇など、真面目に働けば豊かに暮らすことの出来る真の「働き方改革」の実現に向けて、厚生労働副大臣の経験を生かしこれらの課題に真正面から取り組みます。

エネルギーと環境対策

原発の40年廃炉原則を徹底し、老朽原発を閉じる姿勢をはっきりと示し、近い将来的の原発ゼロを目指します。
脱炭素社会に向けた民間事業者の再エネへの投資を後押し、日本で自然エネルギー社会を実現するために進むべき方向性を政策で支援していきます。

国民の命を守る・災害対策

コロナ感染症拡大で、感染者が入院出来ない事態に陥り、この国の医療や公衆衛生体制の脆弱さが露呈しました。新たなウイルス感染症や大規模災害時に対応する公的病院への病床設置、対応する保健所、医師、看護師の拡充を進めます。
南海トラフ巨大地震が発生すれば、この地域も甚大な被害を受ける可能性があります。
災害時における避難計画など、ハードのみならずソフト対策を徹底、地域のコミュニティを活かした災害対策を強化します。

外交・現実的な安保政策

健全な日米同盟を軸とし、アジア太平洋地域、とりわけ近隣諸国との共生の実現を図り、国際政治・経済・資源・エネルギー・食料安全保障などを含めた総合的外交力を確かなものにしなければなりません。
北朝鮮の核・ミサイル開発は極めて脅威であり、我が国周辺の安全保障環境を直視し、専守防衛のための自衛力を着実に整備して国民の生命・ 財産を守るために現実的な安全保障政策を推進します。

政治家が先ず範を示す。(身を切る改革)

コロナ禍で多くの皆さんが苦しんでいます。国民に負担を強いる前に、まずは政治家が身を切る改革を実行しなければなりません。議員定数・議員報酬の縮減をさらに進めます。

亀井静香の政界交差点

プロフィール

活動歴

FACEBOOK

TWITTER

投票日当日、
投票へ行けない方へ

各区に開設された期日前投票所で、公示日の翌日〜投票日の前日(11日間 8:30〜20:00)まで、期日前投票をおこなうことができます。 期日前投票は「選挙のお知らせ」をお持ちでなくても、投票することができます。

不在者投票制度

また、住民票は愛知4区内にあっても、現在、仕事や学業で愛知4区外にお住まいの方や長期出張中の方は不在者投票制度を使い、牧義夫に投票することができます。

特例郵便等投票制度

また、新型コロナウイルス感染症により療養されている方が郵便にて投票できる「特例郵便等投票制度」もございます。

特例郵便等投票制度

政治は生活に直結しています。
皆さんお一人お一人の一票で政治・生活を変えることが出来ます。
ぜひ投票所へ足をお運びいただき、
「牧義夫」と書いていただきますようお願いいたします。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法