衆議院議員候補 愛知4区 瑞穂、熱田、港、南区牧義夫
テキスト



10月22日(日)の投票日には2種類の投票があります小選挙区は牧義夫比例代表は希望の党に大切な一票を託してください。




立憲主義と民主主義の原点に立ち返り、この国の未来を見据え、今、この時、何をすべきかを発想し国民本位の改革を進めます。『しがらみのない政治』『既得権益の打破』を実現します。生まれも育ちも愛知4区牧義夫

代表希望の党小池百合子日本にはありとあらゆるものが溢れています。 ひとつ、足りないものがあります。 それは、希望です。昨日より今日のほうが、いい。 今日より明日のほうが、きっといい。 そう信じられる社会。 それが希望ある社会です。 自分の老後は、どうなるのだろう。 子供が将来暮らす社会はどうなっているのだろう。 私のキャリアはこれからどう生かせばいいのだろう。 希望どころか、様々な不安を抱えていらっしゃるでしょう。 しかし、日本を取り巻く状況は日々変化していきます。 これまでのしがらみに囚われた政治のままでは、 激動する世界の変革から、日本が取り残されてしまいます。 ここは、日本の政治をリセットしましょう。 日本をリセットし、改革のスピードを上げ、 持続可能な日本を再構築しましょう。 今こそ、日本を前進させる大きなチャンスです。 変えるべきは大胆に変える。守るべきはきめ細やかに守る。 大義と共感を生む、国民のための政治を目指します。
国民ひとりひとりに、日本に、未来に、希望を生むために。
身を切る改革・しがらみのない政治の実行 国民に負担を強いる前にまずは政治家が身を切る改革を実行すべきです。議員定数・議員報酬の縮減をさらに進めます。 国民の知る権利を守るため、情報公開を徹底し、しがらみのない政治を実行します。 子育て・教育 所得の格差が教育の格差に、更には希望の格差に直結してしまえば、この国に未来はありません。 すべての子供たちに教育の機会均等を保障することは、日本の将来を支える人材を育てることであり、持続的な成長の基盤を強化することにつながります。就学前保育、高校の授業料完全無償化を推進します。 エネルギー・災害対策 国民の生命と財産を守るために核燃料の最終処分計画等の規制基準を厳格化し、将来的な原発ゼロ社会を目指します。再生可能エネルギーの普及を後押しし、地場産業を育成するとともに雇用を拡大させます。 南海トラフ巨大地震が発生すれば、この地域も甚大な被害を受ける可能性があります。災害時における万全な避難計画など、国と各自治体が連携した災害対策を地域目線で進めます。 現実的な外交・安保 北朝鮮の核・ミサイル発射は極めて脅威であり、我が国の領土や国民の生命・財産を守るためにも、現実的にできる限りの対応が重要です。憲法の制約と我が国を取り巻く安全保障環境を総合的に判断し、国民の目に見える形で法整備を進めます。 成長戦略・消費増税凍結 行政の過剰な規制を撤廃して、新産業や最先端の技術革新などを後押しし、民間企業がより活躍出来る持続可能な社会基盤を構築し景気回復を実現します。 今日の状況で増税を強行すれば、消費をますます冷え込ませ、かえって税収減となるでしょう。増税を凍結し、まずは予算の無駄やバラマキの排除に取り組み、税の有効活用を徹底すべきです。 働き方改革 働く人が抱える様々な問題や課題に向き合い、誰もが健康で安心して働けるための法制定に取り組みます。まずは正規・非正規の区別のない「同一労働・同一賃金」を実現します。国民が多様な人生を選択することが出来る社会実現に向け、厚生労働副大臣の経験を生かし、これまで先送りされてきた課題に真正面から取り組みます。
衆院環境委員長・厚生労働委員長など歴任 党国会対策委員長、党総務会長 を歴任防衛庁広報紙記者 鳩山邦夫衆議院議員秘書を経て 2000年衆議院議員初当選 (現在5期)陽明小・汐路中・昭和高校を卒業 上智大学文学部中退元厚生労働副大臣 昭和33年名古屋市生まれプロフィール

10月22日(日)の投票日には希望の党・牧義夫に大切な一票を託してください。

page top